敬老の日にはギフトをプレゼント【健康を気遣うものを贈る】

遠方に住むお孫さん必見

男性

気持ちが伝わる贈り物

敬老の日のギフトの参考に。お孫さん必見です。地方から上京し、目まぐるしく日々から日常生活も落ち着いてきた、そんな方いませんか。充実してるがゆえに、なかなか地元に帰っていない方も多いと思います。顔を出すのは年末年始、はたまたGWやお盆になる…けど、その前に今までしたことがなかったサプライズ、いかがでしょうか。今回は敬老の日の贈り物ギフトで喜ばれる物について、ご紹介致します。まずは届いた時の華やかさ、そしてお菓子がポイントですね。花を目で味わい、菓子を舌で味わう。嬉しさも2倍です。花の色は白+青も綺麗ですし、薄紫や紅紫なども落ち着いていていいですね。サイズは大きくなくても大丈夫ですが、小さすぎると華やかさが欠けてしまうかもしれませんので、写真などを見てじっくり選んでみてください。通販サイトなどで敬老の日とギフトで検索すると、花+お菓子セットで販売しているところもありますので、活用してみてください。ちなみに、おじいちゃんおばあちゃん達は、ご近所さんや兄弟・知人からよくお菓子を貰うことが多いと思います。なので、沢山送りたい気持ちはグッとおさえて、花と一緒に送る茶菓子は2〜3個で十分です。その点だけ念頭に置いてください。お酒などの贈り物は、花やお菓子よりも、お酒が好きな方向けです。親戚で集まった時や、家で晩酌をしていたおじいちゃんを思い出す方、いらっしゃらないでしょうか。孫である自分もお酒を飲める年になったことを改めて伝えられます。メッセージにも、今度一緒に飲みましょうと一言あるだけで、より一層気持ちも伝わるのと、早く顔が見たいと思ってくれるでしょう。上記2点の組み合わせはバラバラでも構いません。一つではなく、二つ一緒に送ることがポイントですね。敬老の日を覚えていたこと。ギフトを贈ってくれたこと。サプライズは間違いなく成功しますよ。

Copyright© 2018 敬老の日にはギフトをプレゼント【健康を気遣うものを贈る】 All Rights Reserved.