敬老の日にはギフトをプレゼント【健康を気遣うものを贈る】

予算の目安を知ろう

家族

価格と物のバランスが大切

敬老の日は長きに渡って社会に尽くしてきた老人を敬愛し、その長寿を祝う為の日として制定されました。日本においては国民の祝日に指定されており、9月の第3月曜日が対象となっています。諸外国においても似た様な日が設けられており、国の違いはあれど、老人を敬う姿勢は万国共通で持たれています。こどもの日やひな祭りの様に人形を飾ったり、母の日の様にカーネーションを贈るなどの固まった形式は無い為、いざ、敬老の日に何かを贈ろうと思って迷ってしまうものです。敬老の日に贈るべきギフトや費用相場を押さえて、祖父母など身近な老人を祝いましょう。まず、敬老の日のギフトに贈る物の相場ですが、3000円前後が相場となっています。敬老の日を祝い、ギフトを贈る行為自体に意味があるので値段に捉われずに相手が喜びそうな物を選ぶのが良いでしょう。贈る物の中身としては花関連が人気が高く、生花からプリザーブドフラワーまで様々な花が選ばれています。花以外では定番のスイーツやお酒なども喜ばれるアイテムとなっています。敬老の日にはコレを贈るなどの固まったフォーマットが無い分、自由度は高いので相手の好みなどを押さえたギフトを臨機応変にチョイスするのも一つの手として有効です。なお、あまり高価な物を渡してしまっても相手に無駄な配慮をさせてしまうので費用に関しては要注意です。相手に気を使わせず、かつ相手が喜ぶ絶妙なラインを選ぶ様にしましょう。

Copyright© 2018 敬老の日にはギフトをプレゼント【健康を気遣うものを贈る】 All Rights Reserved.